ゴーブ英司法相:首相就任ならEUの自由な労働力移動は打ち切る

英国のゴーブ司法相は、自身が首相になれば欧州連合(EU)が原則とする労働力の自由な移動に終止符を打ち、EUを離脱して英国をより公正な国にすると公約した。同相はキャメロン首相とたもとを分かち、有力首相候補とみられたジョンソン前ロンドン市長を出し抜く形で保守党党首選に立候補した。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。