1日のインド株式相場は上昇。指標のS&P・BSEセンセックス指数は5日続伸し、週ベースでは4週ぶり上昇となった。モディ首相の政策が需要を喚起し企業利益を押し上げるとの期待が続いた。

  国営の燃料小売り会社バーラト・ペトロリアムと国営インド石油(IOC)が上場来高値を更新した。公務員給与引き上げで自動車需要が伸びるとの期待が背景にある。インド石油ガス公社(ONGC)は取引終了前30分の間に一時6.2%高まで買われた。たばこのITCは1年4カ月ぶり高値となり、製薬のドクター・レディース・ラボラトリーズは7カ月余りで最高に達した。

  センセックスは前日比0.5%高の27144.91で終了。今週は2.8%高となり、英国民投票が実施された23日以降の下げをすべて取り戻した。

原題:Indian Stocks Erase Brexit Loss, Complete Best Week Since May(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE