ゴールドマンやグーグル、オバマ政権に資金協力-難民の再定住支援で

シリアなど海外での紛争を逃れて米国に渡った難民の再定住を支援するオバマ政権の取り組みに協力し、ゴールドマン・サックス・グループやアルファベットなど米企業少なくとも15社が資金提供を申し出た。ブルームバーグ・ニュースが入手した文書で明らかになった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。