新興市場株:英離脱後の下げを全て取り戻す-週間で4カ月ぶり大幅高

1日の新興市場株は上昇。このままいけば、週間べースで約4カ月ぶりの大幅高で今週の取引を終える。英国が国民投票で欧州連合(EU)離脱を決めた後、各国・地域の中央銀行が金融システムへの流動性供給の用意があることを示し、市場の地合いが好転した。

  MSCI新興市場指数は前週末比3.9%上昇し、英国民投票での離脱決定後の下落分を全て取り戻した。市場では米金融当局による年内利上げ見通しがほぼ消え、米国が利上げした場合に新興市場国・地域資産の魅力が減退するとの懸念も和らいでいる。

  MSCI新興市場指数を構成する10業種のうち、今週の上げを主導したのは生活必需品や素材といったセクター。原油市場で北海ブレントが一時、1バレル=50ドルを上回ったことを受け、エネルギー関連株は前週末比3%上昇している。

原題:Emerging Markets Rally From Brexit as Central Banks Stand Ready(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE