【コラム】さよなら、リベラル英国-編集主幹ミクルスウェイト

経済史をざっと振り返ると、ローマ帝国の滅亡から中国の興隆に至るまで「栄光」と「没落」の連続だ。歴史に「もしも」の論争を引き起こすような興味深い出来事は、中規模の国が変えられないと思われていた軌道を突然転換する場合にやってくる。英国ではサッチャー政権やそれに続く政権でこれが起きた。衰退を続け朽ちかけていた英国は予想外にも、欧州で最もコスモポリタンでリベラルな地に生まれ変わった。この再生はしかし、2016年6月23日で終わったのではないかと私は危惧している。

  英国人である自分の中でリベラルな英国の認識が生まれた日を覚えている。1981年の米サンフランシスコにあるサウナでのことだ。18歳だった私は、高校卒業後の1年を大学入学まで自由に使える「ギャップイヤー」を利用し、同い年の友人ジョージと英国を出て米国を旅行していた。泊めてもらった彼のいとこのアントニーは税金の高い英国を逃れて鶏肉事業でもうけていたが、隣人の小柄なミルトンという名の男をある日誘い、われわれをサウナに連れていった。私とジョージは彼らからサッチャー首相について質問を受けたが、われわれの知識が乏しいことが分かると、ミルトンが主役になった。そして、1979年に就任したサッチャー首相がいかに労働組合を解体し、経済を開放、英国を自由市場のお手本に変えていくかを説明してくれた。

  ジョージと私に経済学の知識はなかったが、それでもミルトンの話す内容はばかばかしく聞こえた。サッチャー政権は既にトラブルまみれに見えたからだ。母国では暴動が起きていた。1913年以降の英国は緩やかな下り坂にあった。文化面ではミュージシャンのミック・ジャガーやコメディーグループのモンティ・パイソンらを生み、英国はイカしていると言えたが、経済は死んだも同然だった。

  しかし私が英国に戻ると、ミルトン・フリードマン氏はサッチャー政権の自由市場への取り組みを支えるエコノミストとして全国的に注目を集めていた。そして同氏らの予想は基本的に正しかった。英国の軌道は変わったのだ。

  もちろん、サッチャー首相は必要以上に冷酷だったという指摘は可能だ。実際、今回の国民投票で欧州連合(EU)離脱支持が過半数となった多くの地域は、大なたを振るわれた北部工業地帯だ。1979年にたまたま首相になれたとか、82年のフォークランド紛争という「幸運」にめぐまれて再選できたという見方もあろう。それでも「サッチャーリズム」によって英国の物語は変化した。衰退ではなく、拡張や実力主義を進めて自信を深める方向にかじが切られたのだ。

  サッチャー氏は自身を保守主義者と呼んでいたようだが、彼女の着想は自由貿易や個人の自由、つまり今日のわれわれがグローバリゼーションと呼ぶものを軸とする古典的リベラリズムに根差していた。英経済学者ジョン・スチュアート・ミルやアダム・スミスにさかのぼる考え方がフリードマン氏のような人材を通じてサッチャー氏にもたらされた。彼女やその後のメージャー、ブレア両首相が設定した英経済の方向は明確にオープンな市場を向いていた。

  その結果、英国は議論の余地はあるかもしれないが、グローバリゼーションの現代で居心地の良い西欧の大国となった。もちろん、米国ほどではないだろう。それでも、自由貿易を支持し、外国人による英企業の買収や経営にも抵抗感がなく、政府サービスの民営化や製造業から金融などサービス業への経済構造転換を進め、サッカーチームやグルメの世界で外国人が活躍するのを良しとしてきた。これに伴い、個人の自由に対する自由放任主義的な態度も生まれてきた。

  リベラルな英国は常にうまく機能してきたわけではない。金融への過剰依存で2008年の金融危機時には多大な影響を受けたほか、外国人についても貧しい移民が公営住宅を奪っているとか金持ちがチェルシーの高級住宅を買いあさっているとの文句が出る。EUについても、単一市場は歓迎だが規制で縛られるのはご免だと矛盾した気持ちを抱えている。

  この愛憎入り交じったEUとの関係がこれまでの英国には非常にうまく働いてきた。EUの端にある自由市場の国として魅力を増し、ロンドンは欧州の商業上の首都となり、優れた人材を引き付けてきた。英国のソフトパワーがこれほど高まったことは過去数十年なかった。

  何がいけなかったのだろうか。明らかな答えは、リベラルな英国が一部の英国人だけに恩恵をもたらし過ぎたということだ。また、EU離脱派の多くは移民について何度もごまかされてきたと感じている。EUはそもそもうまくいかないのだから、離脱するのが英国に最善との考え方もある。これに政治の日和見主義や離脱票を投じるのにコストはかからないといった新聞論調などが加わって、離脱賛成が52%となった。

  今回の混乱がリベラルな方向に英国を導く可能性はある。EU離脱派にもサッチャー首相の考えの流れをくむ者がいるからだ。だが、大半はグローバリゼーションの後退を望んでいる。そしてEU側に裏切り者の英国に特別な配慮をする雰囲気はない。反グローバリゼーションは広がる可能性があり、ソフトパワー面でも寛容で安定した安全な場所という英国の評判は日に日に落ちている。

  このため1979年から2016年までは、1世紀にわたる英国の衰退における偉大な例外期なのではないかと危惧してしまう。歴史家は2050年までに、欧州の金融の首都がドイツに移転するのは不可避だと見なすかもしれない。一つの皮肉は、リベラルな英国の始まりにも終わりにも同程度の事件が起きたということだ。サッチャー政権が何をもたらすのか英国人のほとんどが分からなかったのなら、EU離脱の結果について突き詰めて考えた人はさらに少ないかもしれない。リスクフリーと考え、政治を動かしたかっただけなのだろう。それが間違いだったと、どれだけ迅速に気付けるかによって多くのことの行方が決まる。

(ジョン・ミクルスウェイトはブルームバーグ編集主幹です)

原題:Micklethwait: Goodbye to All That(抜粋)

 

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE