ドル・円が102円台後半に反落、リスク回避一服も週末控え円買い優勢

更新日時
  • 早朝に一時103円39銭と1週間ぶり高値付けた後は水準を切り下げる
  • 上昇予測して買っている向きあまりいない-FXプライムbyGMO

1日の東京外国為替市場では、ドル・円相場が1ドル=102円台後半に反落。世界的な株価の反発などリスク回避の流れは一服しているが、世界経済の先行き不透明感がくすぶる中、積極的にリスクを取りに行く状況にはなく、週末を前に円を買う動きが優勢となった。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。