【日本株週間展望】戻り試す、英離脱パニックが収束方向-為替は警戒

7月1週(4ー8日)の日本株は戻りを試す展開が続きそうだ。英国の欧州連合(EU)離脱の判断を受けたパニック売りは収束、国内外の政策発動期待もあり、世界的にリスク資産を見直す動きが出ている。一方、為替の円高止まりは企業業績のリスク要因で、上値の抑制要因になる。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。