【債券週間展望】長期金利は低下か、緩和期待や好需給が継続との見方

  • 利回り低下余地を探る展開、追加緩和期待が相場支える-岡三証
  • 7-9月期入りで債券を買う動きになりやすい-三井住友アセット

来週の債券市場で長期金利は低下すると予想されている。2016年度下期入りで投資家からの買いが見込まれるなど需給環境が良好なことに加えて、日本銀行による追加緩和観測で金利に低下圧力が掛かりやすいことが背景にある。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。