ゴールドマンの原油50ドル予想に下振れリスク-ナイジェリアの停戦で

  • 停戦合意が持続可能なら原油生産は回復する可能性も
  • ナイジェリアの原油生産の将来の道のりは引き続き不透明

米ゴールドマン・サックス・グループは、原油価格が7-12月(下期)に同行予想の1バレル=50ドルを下回る可能性があるとの見方を示した。石油輸出国機構(OPEC)加盟国であるナイジェリアでの武装勢力と政府の停戦を理由として挙げている。

この記事の続きは、Bloomberg Professional Service端末のユーザー限定でお読みいただけます。