野村、独国債プライマリーディーラー首位に-アジア顧客の需要増で

野村ホールディングスの欧州部門、ノムラ・インターナショナルは2016年1-6月(上期)にドイツ国債のプライマリーディーラーの1位となった。昨年の17位から急浮上した。独連邦財務局が発表した。

  ドイツでオークション・グループ(入札団)と呼ばれるプライマリーディーラーの中で昨年通年で1位の独コメルツ銀行は3位に後退し、フランスのBNPパリバが2位となった。米ゴールドマン・サックス・グループ、英HSBCホールディングス、ドイツ銀行がそれぞれ4、5、6位。

  ノムラ・インターナショナルのユーロ建てフロー金利トレーディング責任者、フィリップ・デカサン氏(ロンドン在勤)は「アジアおよびその他国際的投資家は欧州債の大量保有者になりつつある」とし、引き続きこうした顧客にプライマリーディーラーとして扱う商品を提供していくと述べた。

原題:Nomura Succeeds Commerzbank as Top Dealer of German Bonds(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE