円上昇で仕組み商品の損失膨らむ、追加証拠金を要請-英EU離脱で

円が上昇すると損失が生じる仕組み商品の投資家が損失拡大に見舞われている。欧州連合(EU)離脱支持の結果に終わった英国民投票が影響している。

  市場規模が最大100億ドル(約1兆254億円)規模とされ、アキュムレーターと呼ばれるこの金融商品や類似商品の価値が目減りし、保有者は追加証拠金を求められていると、バークレイズのプライベートバンク・ソリューションズ(日本除くアジア)担当責任者のダニー・チャン氏が明らかにした。

  同氏は28日の電話インタビューで、「英EU離脱で為替や銀行株が影響を受けた」と述べ、「アジアでは一部投資家が円下落に賭けているのだが、今年これまでのトレンドは逆だ。銀行に強気の見方の仕組み商品を持つ顧客にとっても同様の状況だ」と付け加えた。

英のEU離脱で仕組み商品にも深刻な影響

Photographer: Jasper Juinen/Bloomberg

  レバレッジを利かせた期間12カ月のドル・円のアキュムレーターでは通常、投資家は例えば10万ドル相当の円を毎月、事前に決めた割安価格で購入。円が下落すれば大きな利益となるが、逆に円がある一定の水準を超えて上昇すると、決めてある水準で投資家は2倍相当を購入しなければならない。このため、為替の方向が変わらないと損失が膨らむ仕組み。英投票でEU離脱が支持されると円は対ドルで3%上昇し、今年これまでで最も値上がりした先進国通貨となった。

  アキュムレーターの投資家がポジションを解消するには、持ち分を売るか取引を再編して損失が少なく済む水準でトレーディングをやめなくてはならない。ソシエテ・ジェネラルのフロー戦略およびソリューションズ責任者のアンドルー・スコット氏(アジア太平洋担当)によると、1ドル=115円や120円の水準で値が決まった商品が多かった。

原題:Brexit Hastens Structured Product Losses for Yen Speculators(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE