コンテンツにスキップする

中国が国内外の製薬会社への独禁法調査を強化、価格設定で-証券時報

中国当局は国内外の製薬会社が採用している価格設定方法を独占禁止法に基づき厳しく検査している。政府系の中国紙、証券時報が報じた。医薬品の販売価格を規制しようと、政府は広範な取り組みを展開している。

  同紙は国家発展改革委員会(発改委)価格監督検査独占禁止局の盧延純副局長の最近のスピーチを引用し、独禁法当局が競合するメーカー間もしくは販売網経由で価格を操作するなどの法令違反について調べていると伝えた。

原題:China Signals More Antitrust Scrutiny for Drugmakers Over Prices(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE