2025年度には石炭火力が最大の電源に-広域機関が電力供給計画を公表

電力広域的運営推進機関が電力各社が提出した資料をもとに取りまとめた2016年度の供給計画によると、25年度の発電端電力量(発電所で発電される電力の量)は石炭の構成比が32%と最大になることがわかった。

発電端電力量

    2016年度    2020年度    2025年度
水力      811      839      892
火力      7522      6623      6344
           石炭      2805      2856      3135
         LNG      4013      3237      2809
           石油      561      388      266
原子力      126      129       43
新エネルギー      657      934      1082
   風力       62       91      132
   太陽光      419      658      773
その他        238      1020      1461
合計      9355      9546      9822

                           (億キロワット時)


電源種別の出力規模

    2016年度    2020年度    2025年度
水力     4849万     4836万     4828万
火力  1億5624万  1億5304万  1億6017万
           石炭     4178万     4380万     5060万
         LNG     7812万     7535万     7709万
           石油     3350万     3146万     3005万
原子力     3983万     3555万     3260万
新エネルギーなど     5057万     6629万     7968万
   風力     546万     486万     719万
   太陽光     4250万     5945万     7066万
合計  2億9513万   3億325万  3億2073万

                             (キロワット)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE