6月29日の海外株式・債券・為替・商品市場

更新日時

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ドル下落、上半期の下げ幅拡大-利上げ見通しは後退

29日のニューヨーク外国為替市場でドルが続落。今年上半期のドル の下げが拡大した。トレーダーらは、米金融政策当局は今後の会合で利 上げよりも利下げを決定する可能性の方が高いとの見方に賭けている。

ドルは主要通貨の大半に対して下げた。強弱が混在している経済指 標や世界的な景気への向かい風で金融当局による12月の利上げ見通しは 後退している。欧州連合(EU)離脱・残留をめぐる英国民投票の結果 に伴い、世界的に投資家はドルに買いを入れたものの、米金融当局によ る一段と緩やかな利上げ観測からドルの強さが損なわれた。

シティグループの欧州担当主要10カ国通貨戦略リチャード・コチノ ス氏は「市場参加者は金融政策当局の方向性や利上げの見通しを考え直 している」と述べ、「市場はいかなる利上げシナリオも織り込んではい ない。ドルの材料は相対的な成長見通しと実質金利だ」と続けた。

ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット 指数は0.5%低下。今年上半期は3.8%のマイナスとなっている。ドルは 対円でほぼ変わらずの1ドル=102円83銭。

コチノス氏はドルは対ユーロで1ユーロ=1.08-1.15ドルで推移す ると予想している。この日は1ユーロ=約1.11ドルだった。

アナリストの間ではドル上昇が見込まれていたものの、ドルは年初 来で下げている。ブルームバーグがまとめた年初の予想中央値では6月 末までにドルは対ユーロで1.04ドル、対円では124円となっていた。

ストラテジストやエコノミストによれば、年末時点のドルは対ユー ロで1.10ドル、対円では110円が見込まれている。

サボス・インベストメンツの最高投資責任者(CIO)、ジェイソ ン・トーマ ス氏は「ドルは引き続き堅調を維持するとの見通しに基づ きポジションを建てている」と話す。同氏は逃避需要や欧州で金融緩和 が実施される可能性があると指摘、ドルは年内には下げを埋めるとみて いる。

ブルームバーグがまとめた先物動向によれば、年末までに米金融政 策当局が利上げする可能性は15%が織り込まれている。英国民投票の結 果が分かる前の23日には50%だった。9月の連邦公開市場委員会 (FOMC)までに利下げされる確率は4%織り込まれている。

原題:Dollar Poised for First-Half Drop as Fed Hike Prospects Dwindle(抜粋)

◎米国株:主要指数が続伸、英国のEU離脱の影響めぐる懸念和らぐ

29日の米株式相場は上昇。世界的な株高の流れを引き継いだ。英国 の欧州連合(EU)離脱の影響をめぐる緊張が和らいだ。S&P500種 株価指数の2日間の上げは過去4カ月で最大。

政策当局が英国のEU離脱の影響を抑える措置を講じるとの観測が 広がり、離脱に伴う悪影響への懸念は一段と後退した。この日は原油相 場の大幅上昇を手掛かりにエネルギー株が買われ、2日間の上げとして は3月以降で最大となった。ラッセル3000指数の中から空売り筋好みの 銘柄を集めたゴールドマン・サックス・グループのバスケットは、2009 年以降で最大の上げ。ダウ工業株30種平均は2日間の上げ幅が550ドル を超えた。

S&P500種株価指数は前日比1.7%高の2070.77。ダウ工業株30種 平均は284.96ドル(1.6%)上げて17694.68ドル。ナスダック総合指数 は1.9%上昇した。

TFCファイナンシャル・マネジメントのダニエル・カーン最高投 資責任者(CIO)は「一時的に冷静な見方が広がっても驚きはない」 とし、「市場は年内の米利上げの確率がほとんどないことを織り込んで いる。過去36時間には英国がEU離脱を回避する可能性があるとの話が 一部で聞かれた。このプロセスに関しては今のところ臆測の域にあるの は間違いない」と続けた。

EU首脳が英国の離脱についてブリュッセルで協議を続け、英国の 立場は宙に浮かぶ中、トレーダーらは米利上げ時期の予想を先送りして おり、2018年より前には利上げはありそうにないことが示されている。 一方でブルームバーグが実施したエコノミスト調査では過半数が、イン グランド銀行(英中央銀行)が追加刺激策を実施すると予想。この予想 には7-9月(第3四半期)の利下げも含まれる。

先週の英国民投票の結果を受けた2営業日では大規模な売りが浴び せられ、世界の株式市場で時価総額にして約3兆6000億ドルが吹き飛ん だが、その後は2日連続で回復している。S&P500種指数は国民投票 後の混乱で5.3%下げた後、すでにその半分以上を取り戻した。シカ ゴ・オプション取引所(CBOE)ボラティリティ指数(VIX)はこ の日11%下げて16.64と、6月9日以来の低水準。

パイオニア・インベストメント・マネジメントのファンドマネジャ ー、ジョン・キャリー氏(ボストン在勤)は「きょうの動きは過剰反応 への反応に過ぎず、現実の経済情勢で正当化されないような低い水準か らの反発だ」と分析。その上で、「ただし先行きは依然不透明だ。英国 のEU離脱には数年かかるし、市場が備えていないような影響もあるか もしれない。まだ苦境、あるいは危機を脱したわけではない」と続け た。

英国のEU離脱計画が待たれる中で、市場は政策当局の支援策に目 を向けている。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は世界的な政策調 整の必要性を説き、韓国は28日に財政刺激パッケージを発表。また日本 銀行の黒田東彦総裁も必要に応じて追加金融緩和を実施する考えを示し た。

29日のS&P500種業種別10指数ではエネルギーが前日に続き大き く上昇。ニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インター ミディエート(WTI)先物が前日比4.2%高となった。

原題:U.S. Stocks Rally as Anxiety Diminishes Over U.K. Brexit Impact(抜粋)

◎米国債:続落、逃避需要が減退-英EU離脱めぐる懸念が弱まり

29日の米国債相場は続落。一時は上昇していたが、英国の欧州連合 (EU)離脱の影響をめぐる懸念が和らぎ、逃避需要が減退した。

世界的な株高を背景に米国株も上昇したことから、10年債は下 落。140億ドル規模のオラクル起債など投資適格級の社債の大型発行 が、米国債の需要を弱めた。米金融当局がインフレ目標の基準とする指 標が予想を下回ったため、30年債利回りは2015年2月以来の低水準を付 けた後、上昇に転じた。

CIBCワールド・マーケッツのマネジングディレクター兼米国債 トレーディング責任者、トム・トゥッチ氏(ニューヨーク在勤)は「全 てのリスク資産が大きく上昇しているにもかかわらず、国債相場は持ち こたえていた。供給が増えるに従って、均衡水準に戻った」と指摘。 「株価の水準を考慮すると、米国債はやや高すぎるレベルで推移してい たようだ。そこに供給が加わり、結局のところ低い価格で消化された」 と説明した。

6カ月の期間で見た米国債は約4年ぶりの大幅高になる勢い。英国 民投票でEU離脱が決まった後、安全な資産への逃避が起こり、先週は 急上昇した。上半期のブルームバーグ米国債指数のリターンは5.5% と、2011年下半期以来の高いリターンとなっている。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーのデータによると、ニューヨ ーク時間午後5時現在、10年債利回りは前日比5ベーシスポイント(b p、1bp=0.01%)上昇の1.52%。同年債(表面利率1.625%、2026 年5月償還)価格は101。

EU首脳が英国の離脱についてブリュッセルで話し合い、英国の立 場が宙に浮いている中、ブルームバーグが実施した調査ではイングラン ド銀行(英中銀)が悪影響を緩和するため追加緩和に動くと大半のエコ ノミストが予想した。一方、悪影響が急速に波及する兆候はまだ出てい ない。米企業は英国へのエクスポージャーが限定的であるとの見方か ら、米国株は上昇した。

原題:Treasuries Fall as Diminished Brexit Concern Curbs Haven Demand(抜粋)

◎NY金:反発、英EU離脱で中銀が緩和を強化するとの見方

29日のニューヨーク金先物相場は反発。英国の欧州連合(EU)離 脱が国民投票で決まったことを受け、中央銀行は政策で世界経済を支援 し続けざるを得ないとの観測が広がっている。

RJOフューチャーズのシニアマーケットストラテジスト、イーラ イ・テスファイエ氏は電話インタビューで、「英国のEU離脱には2年 かそれ以上かかる可能性があり、状況が正常化するまで全ての中銀が緩 和的姿勢を維持するだろう」と指摘。「現時点では米金融当局が利上げ に積極的になるとは思えない。それは混乱を増幅するに過ぎないため だ」と述べた。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前日 比0.7%高の1オンス=1326.90ドルで終了。

銀先物9月限は2.9%急伸して18.407ドルと、終値ベースでは2015 年1月以来の高値。ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナ とパラジウムも上昇。

原題:Gold Rises on Post-Brexit Bets Central Banks Will Step Up Easing(抜粋)

◎NY原油:大幅続伸、英投票後の下げ消す-米在庫減とドル下落

29日のニューヨーク原油先物市場ではウェスト・テキサス・インタ ーミディエート(WTI)先物が大幅続伸し、英国民投票の結果判明後 2営業日に急落した分を埋めた。米エネルギー情報局(EIA)の統計 では、先週の米在庫が405万バレル減少したことが明らかになった。金 融当局による政策行動への期待でドルが下げ、商品投資の妙味が高まっ た。

ジョン・ハンコック(ボストン)のシニアマネジングディレクタ ー、チップ・ホッジ氏は「在庫取り崩しは年末にかけて続く」と予想。 「掘削活動の抑制で生産が減少している。生産の縮小を続けねばならな い。そうすれば、われわれは巨大な在庫を取り崩すことができる」と述 べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物8月限は前日 比2.03ドル(4.24%)高い1バレル=49.88ドルで終了。4月12日以降 で最大の上げとなった。ロンドンICEのブレント8月限は2.03ドル (4.2%)上昇の50.61ドル。

原題:Oil Erases Brexit Selloff as U.S. Crude Supplies, Dollar Decline(抜粋)

◎欧州株:続伸、英EU離脱選択後の下げを縮小-資源銘柄が高い

29日の欧州株式相場は上昇。ストックス欧州600指数は続伸し、英 国の欧州連合(EU)離脱選択以後の下げを縮小した。

ストックス600指数は前日比3.1%高の326.49で終了。鉱業株や石 油・ガス株の上げが目立った。同指数は27日までの2営業日で11%下げ たが、下落分のほぼ3分の1を取り返した。この日の出来高は30日平均 を45%上回った。英国株の指標であるFTSE100指数も出来高を伴い 上昇。国民投票後の下げを解消し、4月以来の高水準に戻った。

エクイネット・バンク(フランクフルト)のトレーダー、トルステ ン・エンゲルマン氏は、「英EU離脱選択による急落の反動で、恐らく 現実感がやや戻り始めているか、適切な解決策への期待があることを示 している」とし、「英国に国民投票を再実施する選択肢があるかや、 EU離脱を回避する方法があるのかなどまだわからない」と語った。

プラチナ生産のアングロ・アメリカンと銀生産のフレスニーヨがと もに8%以上値上がりするなど、鉱業株の上げを主導した。石油・ガス 銘柄では英国のタローオイルとBPが大きな上げを演じた。

原題:Europe Stocks Recoup More Brexit Losses as Commodity Shares Rise(抜粋)

◎欧州債:スペイン債上昇-英EU離脱選択でECBが支援継続の観測

29日の欧州債市場ではスペイン国債が上昇し、10年債利回りは約1 年ぶりの低水準を付けた。

英国が欧州連合(EU)離脱を選択したことを受け、インフレ期待 指数が過去最低に沈み、欧州中央銀行(ECB)が資産購入プログラム を拡大するとの見方が広がった。これが高リスク資産の支援材料となっ た。低インフレは国債償却の価値を高める一方で、ECBによる2%弱 のインフレ目安達成を妨げるためだ。

みずほインターナショナルの金利戦略責任者、ピーター・チャトウ ェル氏(ロンドン在勤)によれば、英国のEU離脱ショックが物価上昇 圧力を押し下げ、世界景気見通しは悪化、米国から日本まで緩和策が織 り込まれつつあることから、欧州の重債務と大きな赤字を抱える諸国の 信用力の低さをめぐるリスクが看過されている。

チャトウェル氏は「ECBは9月にプログラム拡大と利下げを余儀 なくされるだろう。こうした措置が周辺国債にもたらす意味を考えた場 合、当然のことながら支援材料となる」と発言。「低成長と弱い物価上 昇圧力が債務の持続性に関する問題を再び提起することについては、市 場は織り込んでいない」と付け加えた。

ロンドン時間午後4時50分現在、スペイン10年債利回りは前日比6 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.26%。一時 は1.23%と、2015年4月以来の低水準となった。同国債(表面利 率1.95%、2026年4月償還)価格は0.55上げ106.38。イタリア10年債利 回りは3bp低下の1.37%。前日までの2営業日で16bp下げていた。

ドイツ国債は伸び悩んだものの、15年債まで利回りがゼロを割り込 んだ。

インフレ期待の指標としてドラギ総裁が重視する5年先スタートの インフレスワップ5年物フォワードレートは1.32%。27日には1.257% と、ブルームバーグがデータ集計を開始した2004年以来の低水準に沈ん だ。

ブルームバーグがまとめた先物データによれば、ECBが9月に利 下げする確率は48%、年末までの確率は74%となっている。

原題:Brexit Threat to Euro-Area Inflation Becomes Bondholders’ Boon(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE