UBSのマーフィー、ネイラー両氏が退任へ-投資銀部門で幹部刷新

UBSグループの投資銀行部門責任者アンドレア・オーセル氏は上級幹部陣の刷新に伴い、3人が退社すると発表した。

  オーセル氏が29日付の従業員向け文書で明らかにしたところによれば、株式部門の共同責任者ロジャー・ネイラー氏と、債券・金利・為替部門の共同責任者クリス・マーフィー氏、アジア・太平洋地域の法人顧客ソリューション部門の責任者マット・ハニング氏が退任する。UBSの広報担当が文書の内容を確認した。

原題:UBS’s Murphy, Naylor Step Down in Investment Banking Overhaul(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE