中国が主張する南シナ海の領有権、7月12日に国際司法が判断下す

  • 中国の主張に異議を唱え、フィリピンがハーグの仲裁裁判所に提訴
  • 中国は南シナ海の80%超に領有権が及ぶと主張

オランダ・ハーグの常設仲裁裁判所は、南シナ海の広域に領有権が及ぶとする中国の主張の法的効力に関して来月に判決を下す。

  同仲裁裁判所は南シナ海に関する判断を7月12日に示すと29日に発表。同判決は当該国に示された後、オブザーバーとして参加している各国に公表されるという。

  南シナ海の80%以上に領有権が及ぶとする中国の主張に対し、フィリピンが異議を唱え、仲裁裁判所に提訴した。

原題:Hague Court to Rule in July on Challenge to China’s Sea Claims(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE