アリアンツ、中国と日本の資産持つ不動産ファンドに投資-アジアで一歩

ドイツの保険会社アリアンツの不動産投資部門、アリアンツ・リアル・エステートはファンドを通じてこれまでで最大のアジア投資をする。3年以内にアジアの不動産投資を最大30億ユーロ(約3400億円)増やす目標に向け一歩踏み出す。

  汎(はん)アジアファンドへの1億5000万ドル(約154億円)の投資はビルなどを直接購入する前の小手試しだと、アリアンツ・リアル・エステートのフランソワ・トローシュ最高経営責任者(CEO)が先週ミュンヘンでのインタビューで述べた。同ファンドは中国と日本の資産を保有しているという。

原題:Allianz Starts $3.3 Billion Asia Property Push With Fund Deal(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE