インド、GE日立の原子炉「ESBWR」は購入しない方針

インドは、GE日立ニュークリア・エナジーの高経済型単純化沸騰水型原子炉(ESBWR)を購入しない。同国の原子力エネルギー庁のバス長官が安全性への懸念を理由に語った。

  同長官は電話インタビューで、「GE日立がインドに今提案している原子炉には参照プラントがない」と指摘。「参照プラントを持たない原子炉を買い入れることはしない」と述べた。

  米ゼネラル・エレクトリック(GE)のジェフリー・イメルト会長は昨年、インドの原子力損害賠償法を理由にGEが同国で原子力発電所の建設というリスクを冒すことはないと表明。原発事後が起きた場合、同法の下でメーカー側が訴訟にさらされる。GEや東芝傘下の米ウェスチングハウス・エレクトリックなどの原子炉メーカーはインドでの事業リスクを見極めており、同法はインドの原発拡充計画の妨げになっている。

  GE日立は電子メールで、インドに最終的に複数のESBWRを建設するための技術提供に引き続き強い関心を持っていると説明。その上で、原子力損害賠償法の問題を含め、持続可能な規制環境が必要になってくると指摘した。インドは国内の原子力発電容量を2032年までに10倍に増やす計画。

原題:India Won’t Buy Untested GE-Hitachi Reactors, Atomic Chief Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE