中国株上昇-英国のEU離脱選択後も上海総合指数は好調維持

更新日時
  • 医薬品株や工業銘柄などが英国民投票後の上げ主導
  • 香港のハンセン指数は1.3%高

29日の中国株式相場は上昇。英国が国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択して以後の上海総合指数の値上がり率は、世界の主要株価指数の中でも大きい。売買の大半を地元の市場参加者が占めていることで、世界的な混乱の影響を受けにくなっている。

  上海総合指数は前日比0.7%高の2931.59で終了。24日の取引開始時点からの上昇率は1.4%と、ブルームバーグの調査対象となっている94の株価指標でジャカルタ総合指数に次ぐ2位の値上がりだ。上海市場ではこの間、医薬品株と工業銘柄、生活必需品株が上げの中心。漢方薬メーカーの北京同仁堂(600085 CH)の同期間の値上がり率は7.6%。

  華西証券の魏瑋アナリスト(上海在勤)は「中国市場は依然として半閉鎖的で、資金動向にそれほど影響されない」と述べた。

  CSI300指数は前日比0.5%高で引けた。香港市場ではハンセン指数が1.3%上昇。長江実業地産(1113 HK)と東亜銀行(23 HK)の上げが目立った。本土銘柄で構成されるハンセン中国企業株(H株)指数は0.4%高。

原題:China Stocks Extend One of the World’s Best Post-Brexit Rallies(抜粋)
CHINA’S CSI 300 INDEX RISES 0.5% TO 3,151.39 AT CLOSE

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE