来月88歳になる「超人」李嘉誠氏、引退しても王国は安泰と強調

香港一の富豪、李嘉誠氏は7月に88歳になる。自ら築き上げた800億ドル(約8兆2000億円)規模の企業王国の道のりを振り返り、自分が身を引いてもどのようにこの王国を生き残らせるかを考える節目を迎えている。

  李氏はブルームバーグテレビジョンのインタビューで、「引退したければきょうにも可能だ。5分後であろうと、いつでもできる」と言明。その上で、現在51歳の長男、李沢鉅(ビクター・リー)氏が30年間にわたり一緒に働いてきたことを強調した。

  会長職を長男に引き継ぐ具体的な日程には言及しなかったものの、「われわれは今行っていることを続けていく」と語った。李嘉誠氏がインタビューに応じることは珍しい。

  そのビジネス手腕から香港では「超人」として知られる李嘉誠氏は、52の国・地域で約30万人を雇用するアジア屈指のコングロマリットを築いた。ブルームバーグ・ビリオネア指数によれば、同氏の個人資産は約270億ドルに上る。

原題:Hong Kong’s ‘Superman’ Li: My Empire Will Be Fine Without Me(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE