農産物商品への資金流入、ここ4年で最速ペース-ゴールドマン

  • ゴールドマンのディウェル氏:資金流入は年内を通じて続く
  • ブルームバーグ農産物サブ指数は3月以降、上昇している

投資家は2012年の干ばつ以降で最速のペースで農産物商品に投資していると、米ゴールドマン・サックス・グループが指摘した。

  マネジングディレクターのアンソニー・ディウェル氏(ニューヨーク在勤)らゴールドマンのアナリストとトレーダーは28日、ウェブ放送のプレゼンテーションで、資産運用会社は今年初めに約100億ドル(約1兆200億円)の売り越しとなっていたが、現在では250億ドルの買い越しになっていると述べた。

  ディウェル氏は「350億ドルの資金流入は12年の干ばつ時の買いよりもペースが速く、規模も大きい」と説明した。

  同氏は、このシフトは4月に加速したと指摘。ゴールドマンは、トウモロコシや大豆、大豆油などの農産物商品への資金流入が年内を通じて続くと予想している。

  ブルームバーグ農産物サブ指数は3月に付けた今年の低水準から18%上昇している。

原題:Goldman Says Money Pours Into Agriculture Fastest in Four Years(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE