世界自動車需要への影響約280万台、英EU離脱問題-調査会社IHS

英国が国民投票で欧州連合(EU)からの離脱を選択したことを受け、調査会社のIHSオートモーティブは世界自動車需要予想を、2018年までの累計で従来比約280万台下方修正した。

  電子メールの発表資料によると、16年の需要は8982万台へ拡大する見通しだが、英国民投票前の従来予想に比べて約20万台引き下げた。17年、18年はそれぞれ従来比で125万台、138万台の下方修正となった。

  「英国は当然、影響をまともに受けるだろう」とIHSのロンドン在勤アナリストのイアン・フレッチャー氏はコメントした。英国市場は今年の拡大が3.2%の予想だったのに対して、1%にとどまるかもしれず、17、18年は減少するとIHSではみている。

原題:Brexit May Cost Carmakers 2.8 Million Vehicle Sales, IHS Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE