NZ中銀に利下げ余地、英EU離脱で事態悪化なら-財務相

更新日時
  • イングリッシュ財務相:NZは嵐乗り越えでより良い位置
  • 英EU離脱決定がNZの相対的魅力を高めNZドル押し上げも

ニュージーランドのイングリッシュ財務相は28日、同国は良好な経済成長見通しや利下げの余地があることから、英国の欧州連合(EU)離脱決定後の世界的な混乱の悪化を乗り切るのに大半の国々に比べて良い状況にあると述べた。

  イングリッシュ財務相はウェリントンでのインタビューで、「大幅にマイナスの結果となっても、NZは良好な国家財政や成長経路、金利で行動する余地がある非常に少数の国々の1つだ。こうしたグループの他の国々はアイスランド、韓国、オーストラリアだ」と指摘。「これはそれ以外の国が持つ手段の乏しさを実感させる」と語った。

  先週の英国民投票でEU離脱が決まった衝撃で金融市場は混乱し、世界の経済成長とインフレが引き続き抑制される可能性が高まった。投資家の間では離脱決定を受け、NZ準備銀行(中央銀行)が既に過去最低の2.25%としている政策金利を8月にさらに引き下げるとの観測が広がっている。

イングリッシュ財務相

Photographer: Mark Coote/Bloomberg *** Local Caption *** Bill English

  イングリッシュ財務相はNZ中銀が8月11日に利下げに踏み切るかどうか「成り行きを見守る必要があろう」と述べた。

  NZドルは英国のEU離脱決定後に米ドルに対し最大で0.03米ドル下落したが、計1.25ポイントの利下げにもかかわらず昨年6月よりも高い水準にある。NZドルはウェリントン時間午後0時53分(日本時間午前9時53分)現在、1NZドル=0.7067米ドル。

  イングリッシュ財務相は英国のEU離脱決定の影響でNZの相対的な魅力が高まり、NZドル相場を押し上げる可能性があると指摘。「NZの相対的利回りは依然として良好であるため、想定よりも長期にわたり強さを維持している」と述べた。その上で、「長期的には助けにならない」とし、英国のEU離脱が「北半球であと2-3年は懸念材料となり、それに伴って低成長が少し長引く」と語った。

原題:RBNZ Has Room to Cut If Brexit Unrest Worsens, English Says (1)(抜粋)

(財務相のコメントやチャートを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE