キャメロン英首相に圧力、離脱への工程表求めEU首脳ら詰め寄る

  • ECB総裁:ユーロ圏成長率を最大0.5ポイント押し下げ-会合メモ
  • 欧州諸国の首脳ら、不透明感が長引くことに不満を募らせる

欧州連合(EU)諸国の首脳らは英国に対し、離脱に向けた工程表を明らかにするよう詰め寄り、このプロセスに関する不透明感は英国やEU諸国に打撃を及ぼしかねないと迫った。

  キャメロン英首相は恐らく今回が最後となるEU首脳会議の夕食会で、27カ国首脳に説明する。離脱への正式なメカニズム発動を遅らせれば、将来の関係をめぐる交渉の開始がそれだけ遅れることになると、首脳らは警告している。

  スウェーデンのロベーン首相はブリュッセル入りした際に記者団に対し、「今の不透明感は誰にとっても望ましくない」と指摘。「一刻も早く決断するべきだ」と話した。

EU首脳会議を前にブリュッセルに到着したキャメロン首相

Photographer: Philippe Huguen/AFP/Getty Images

  国民投票後の英国では政治的空白が生じ、EU全体が中ぶらりんの状態に置かれ、首脳らは不満を募らせている。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は非公開の会議で、英国民投票の結果としてユーロ圏の経済成長率は今後3年間にわたり、最大0.5ポイント落ちる可能性があると述べた。ブルームバーグ・ニュースが入手した会合のメモで明らかになった。

原題:EU Chiefs ‘Held Hostage’ Tell Cameron to Lay Out Brexit Plan (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE