香港株式市場で西部水泥が突如急落、一時は前日比46%下げる

28日の香港株式市場で、中国のセメントメーカー、西部水泥(ウェスト・チャイナ・セメント)が取引終盤に突然大きく値を下げた。

  西部水泥の株価は一時、前日比46%安を記録。終値では33%安となった。2010年8月の上場後で最大の値下がりとなり、時価総額が28億香港ドル(約370億円)吹き飛んだ。売買も平均の11倍超となる水準に急増した。

  同社株は香港時間午後3時10分(日本時間同4時10分)過ぎに急落し始めた。それまでは前日比ほぼ変わらずで推移していた。

原題:West China Cement Plunges by Record as $363 Million Wiped Out(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE