新興市場株:MSCI指数、3日ぶり反発-刺激策への期待で

28日の新興市場株は3営業日ぶりに反発。韓国や日本が刺激策を講じるとの観測が広がり、英国の欧州連合(EU)離脱で世界経済の成長が鈍化するとの懸念が和らいだ。

  南アフリカ共和国のランドやポーランド・ズロチ、インドネシア・ルピアなど新興国の通貨も上昇。韓国は20兆ウォン(約1兆7400億円)強の財政刺激策を発表。日本でも総額20兆円の景気刺激策が提言されたと、日本経済新聞が報じた。

  MSCI新興市場指数はロンドン時間午前8時48分(日本時間午後4時48分)現在、前日比0.9%高。前日までの2営業日では計4.9%下げていた。このままいけば20日以来の大きな上げとなる。

原題:Emerging-Market Assets Advance on Stimulus Optimism, Fed Outlook(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE