元科学者が運用するヘッジファンド、ポンドとユーロの変動に着目

大気を研究する科学者だったライル・パクラ氏が運用するヘッジファンド、AEキャピタルは、英国の欧州連合(EU)離脱に伴うポンドとユーロの他通貨に対する相場変動に着目している。

  AEキャピタルの最高投資責任者(CIO)としてオーストラリアのメルボルンで勤務するパクラ氏は電話インタビューで、先週の英国民投票でEU離脱が選択された後の数カ月間はポンドのボラティリティが高水準にとどまるだろうと述べた。英国民投票の結果は欧州全体でナショナリズム(国粋主義)とポピュリズム(大衆迎合)的な感情を高めることから、「ユーロにはもっとリスクがある」とも話した。

  米コロラド州立大学で取得した大気科学の博士号を持つパクラ氏は、AEキャピタルを2011年に共同で設立。「ボラティリティ拡大は確実だ。欧州と英国に明らかに到来しつつあるストレスをめぐるテーマを探すことになる」と語った上で、市場は英国民投票でEU残留派が勝利すると相当確信していたとも説明した。  

原題:Scientist Turned Hedge-Fund Founder Lured to Pound, Euro Swings(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE