コンテンツにスキップする

【個別銘柄】しまむらやスクリンH急伸、証券や保険安い、五洋建高い

更新日時

28日の日本株市場で、株価変動材料のあった銘柄の終値は以下の通り。

  しまむら(8227):前日比8.8%高の1万5830円。3-5月期営業利益は前年同期比39%増の120億円だった。主力のしまむら事業のほか、若者向けやベビー・子供用品向け事業も好調だった。野村証券は投資判断を「中立」から「買い」に上げた。コア商品を積極拡大する商品政策(MD)改革を進め、3-5月期は収益構造の改善効果が表面化したと分析。直近の円高による原価低減や消費増税の延期などを織り込み、2017年2月期営業利益予想を460億円から475億円に上方修正(会社計画462億円)した。

  SCREENホールディングス(7735):6.1%高の1113円。ドイツ証券は目標株価を1100円から1250円に変更した。英国が欧州連合(EU)から離脱しようが、テクノロジーの進化は止まらないとし、来年以後5年ほどは現在よりも高い水準の投資が継続すると予測した。新しい営業利益予想は、2017年3月期が287億円(会社計画270億円)、来期は306億円。投資判断は「買い」継続。

  日本ハム(2282):5.5%高の2483円。SMBC日興証券は目標株価を3480円から3730円に引き上げた。中国での豚肉不足やブラジルでの鶏肉飼料高で、食肉業界は再度インフレ局面を迎えそうと予想。17年3月期営業利益予想を460億円から510億円(会社計画は前期比5.7%増の490億円)、来期は480億円から538億円に増額した。投資判断は「1(アウトパフォーム)」を継続。

  大手証券株:大和証券グループ本社(8601)が2.1%安の521.6円、野村ホールディングス(8604)が1.7%安の352.3円。クレディ・スイス証券は大和証Gについて、予想株主資本利益率(ROE)に比較してバリュエーションが高いとし、投資判断を「中立」から「アンダーパフォーム」へ変更。同じく野村HDは低調な外部環境が続いているとして、業績予想と目標株価を下げた。証券・商品先物取引は東証1部業種別下落率上位。

  保険株:MS&ADインシュアランスグループホールディングス(8725)が3.9%安の2449.5円、損保ジャパン日本興亜ホールディングス(8630)が1.3%安など。メリルリンチ日本証券は、事業ポートフォリオを見る限り英国を含む欧州地域からの利益寄与は限定的としながらも、資本市場は予想外の英EU離脱によって株式・為替・金利とも保険会社の株主価値にとってネガティブな方向に働いていると指摘。資本市場の変動に振り回される展開が当面続くと予想した。保険は業種別下落率上位。

  DMG森精機(6141):3.5%安の926円。大和証券は投資判断を「アウトパフォーム」から「中立」に引き下げた。英EU離脱で英国のみならず欧州域内における設備投資動向が停滞する可能性は否定できないとし、16年12月期営業利益予想を280億円から240億円(会社計画250億円)、17年12月期は330億円から280億円に減額した。目標株価は1500円から1000円に下げ。

  大陽日酸(4091):6.8%高の955円。SMBC日興証券は投資判断を「中立」から「アウトパフォーム」に上げた。米国での買収案件を発表したことで米ガス事業が再度収益拡大局面へ転じる可能性が大きくなったほか、円高という事業環境下で同社のディフェンシブ性がポジティブに評価される局面になると予想した。新たな目標株価は1050円。

  五洋建設(1893):2.7%高の532円。野村証券はシンガポールと香港の工事現場を見学した結果、海外現地の案件は順調に進ちょくしているとし、こうした実績が次の案件の獲得に向けてプラスに働き、今後も発注が見込まれると予想。海外業績を見直したことで、17年3月期営業利益予想を220億円から230億円(会社計画215億円)へ上方修正した。投資判断は「買い」を継続。

  リンクアンドモチベーション(2170):9.9%高の199円。発行済み株式総数の2.22%にあたる240万株(金額5億円)を上限に自己株を取得すると発表。取得期間は7月1日から29日。

  リプロセル(4978):6.5%高の444円。バイオット社とiPS細胞培養器などの米国での独占販売に関して業務提携したと発表。競争力の高いiPS細胞培養関連製品のラインナップが充実することで、顧客利便性が向上するとしている。

  ベガコーポレーション(3542):家具・インテリアなどのインターネット通信販売事業や越境市場をターゲットとしたグローバルECサイトの運営を手掛ける同社は28日、東証マザーズに上場した。17年3月期業績計画は、売上高が前期比18%増の98億600万円、営業利益が同36%増の7億8500万円、EPSは131円10銭。初値は公開価格1600円比25%高の2000円で、終値は2500円。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE