習主席とキャメロン首相の友情、無駄に-中国が失った最良パートナー

  • 英国はAIIB構想を支持するなど中国に理解を示してきた
  • 中国は対EU戦略の再検討が必要に

中国の習近平国家主席が英サッカークラブ「マンチェスター・シティ」のスター選手と自撮りに興じ、バッキンガム宮殿での晩さん会に招かれ、イングリッシュパブでビールを楽しんだのは、わずか8カ月前のことだった。

  エリザベス女王は習主席の訪英を高く評価。習主席とキャメロン英首相は両国関係の「黄金時代」の到来を示し、英国は中国の「欧米における最良のパートナー」としての地位を築いた。習主席はシェークスピアを引用し、中国が欧州連合(EU)との関係を深める上での英国の「積極的な役割」を力説した。

  しかし、ここへきてキャメロン首相は辞意を表明。英国が国民投票でEUからの離脱を決めたことで、習主席は対EU戦略を練り直す必要性に迫られている。ブルームバーグの集計データで、EUは中国にとって2番目に大きな貿易相手だ。

  また欧州の中で英国はこれまで貿易・金融面の関係を構築し、アジアインフラ投資銀行(AIIB)構想を支持するなど、中国に理解を示してきた非常に重要な存在だ。EUは中国を「市場経済国」と認定するかどうかを年内に決めるが、この点でも中国指導部は英国の支持を当てにしていた。

  北京外国語大学の謝韜教授(政治学)は「中国が英国との関係を非常に重視してきた大きな理由は、英国を通してEUの政策に影響を与えることにあった」と指摘。欧州への「橋頭堡(ほ)」としての英国の価値はEU離脱で失われたとし、中国は今後ドイツとの関係に集中することになろうと予想した。

原題:Xi’s Cameron Bromance All for Nothing After Brexit Vote(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE