金相場の一段高を予想、英EU離脱選択後の混乱見通しで-チャート

  金相場は24日、2003年以来最大の上昇を示したが、トレーダーらはさらに値上がりすると予想している。英国が国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択したことを受けて安全資産としての金の需要が高まる中、8月限を1オンス=1350ドルで買う権利であるオプションの取引高は過去最大に達し、価格はほぼ3倍に上昇した。金先物相場終値は同日、ほぼ2年ぶりの高値である1322ドルを付けた。ヘレウス・メタルズ・ニューヨークのセールス・マーケティング・マネジャー、ミゲル・ペレスサンタラ氏は、投資家らは今後も市場が混乱するとみて「金投資を通じたヘッジの継続を望むだろう」と指摘した。

原題:Outlook for Brexit Tumult Spurs Bets on Further Gold Gain:Chart(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE