独仏伊首脳が会談、英国にEU離脱手続き開始促す-市場リスク抑制で

  • 独首相と仏大統領、伊首相がベルリンで対応策を協議
  • 28日から始まるEU首脳会議に先立ち結束を示す狙い

ドイツとフランス、イタリアの欧州主要3カ国は27日、英政府に対し、欧州連合(EU)離脱手続きに着手するよう呼び掛け、市場リスクを抑制して前進したい意向を表明した。

  オランド仏大統領はこの日ベルリンでメルケル独首相、レンツィ伊首相と会談後に共同記者会見し、「不確実性ほど悪いものはなく、不合理な政治や金融の動きを招きかねない」と指摘した。メルケル独首相は「もちろんわれわれは市場について議論した」と述べ、「共通の目的を伝える必要があると考える理由はそれだ」と付け加えた。

  メルケル首相は、英国を除くEU加盟27カ国が安全保障や防衛、成長、競争力、若年層失業者削減に関する共通の提案で「新たに弾み」をつける必要があると指摘。計画ではユーロ圏諸国の財政の「調和」にも取り組み、9月までに準備されるだろうとオランド大統領は述べた。

共同会見する3カ国首脳

Photographer: Krisztian Bocsi/Bloomberg

  3カ国首脳の会談はメルケル首相の招きで実現したもので、ブリュッセルで28日から2日間の日程で開かれるEU首脳会議に先立ち、結束力を示す狙いがある。一連の会合は先週の英国民投票でEU離脱が決まった影響について域内各国が対応を協議する初の機会。

  ドイツのショイブレ財務相は27日、南部のタウンホール会合で、銀行株への市場圧力が増していることに警戒感を示すとともに、「良いことずくめではないという第六感に基づいて、引き続き金融市場を注視していく」と述べた。
  
原題:Merkel, Hollande Prod U.K. on Brexit Citing Market Uncertainty(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE