独VWの米排ガス不正訴訟、和解額は1.53兆円に膨らむ-関係者

更新日時
  • 車の所有者に100億ドル、当局への支払いなどで50億ドル
  • 米国における自動車メーカーとの民事和解金としては過去最高額に

独自動車メーカー、フォルクスワーゲン(VW)が排ガス不正問題をめぐる米訴訟の和解で支払う額は150億ドル(約1兆5300億円)強と、従来伝えられていた金額から50億ドル増えた。事情に詳しい関係者2人が27日、明らかにした。和解案は28日にカリフォルニア州サンフランシスコの連邦地裁に提出される。

  これら関係者によれば、車の所有者への支払総額は100億3000万ドルになる。これは不正問題が明らかになる前の車両価値での買い戻しや1台当たり最大1万ドルの補償を合わせた額。VWが一定の期限を守れなかった場合、支払額はさらに増える可能性がある。

  これに加え、VWは米環境保護局(EPA)とカリフォルニア州大気資源局(CARB)に制裁金27億ドルを支払い、排ガス浄化技術に新たに20億ドルを充てる。関係者の1人が明らかにした。別の関係者によると、VWはニューヨークなどの州当局と約4億ドルの支払いで和解すると発表する見込み。

  この支払額は米国における自動車メーカーとの民事和解金としては過去最高額となる。

  先週、複数の関係者の情報として、VWが米訴訟の和解で総額100億ドルを支払うと伝えられていた。VWと米司法省、EPA、CARBの和解案はチャールズ・ブレイヤー判事の承認を得るため、サンフランシスコの連邦地裁に現地時間28日正午(日本時間29日午前4時)までに提出される。

  司法省のウィン・ホーンバックル氏、VWのジェニーン・ジニバン氏、EPAのニック・コンガー氏はいずれもコメントを控えた。

原題:VW’s U.S. Tab Said to Grow to $15 Billion in Diesel Scandal (1)(抜粋)

(2段落目以降に和解内容の詳細などを追加して更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE