NY外為:ドル2日間の上げが11年以降で最大-円は上昇

更新日時

27日のニューヨーク外国為替市場ではドルが上昇。2日間の上げは2011年11月以降で最大だった。投資家は英国の欧州連合(EU)離脱決定に伴うショックから逃避先をドルに求めた。

  ドル指数は2日間で2.7%上昇。投資家は英国経済の今後や欧州への広範な影響に対する疑問から安全資産に買いを入れた。円は2日連続で主要31通貨のすべてに対して上昇した。

  ABNアムロ・グループの為替ストラテジスト、ジョルジェット・ブーレ氏(アムステルダム在勤)は「ドルが上昇している。その理由は逃避需要だ。円も同じだ」と述べ、英国民投票後に「今後の展開について多くの疑問が生じた。まだ不透明感は強く、当然のことながら今回は過去に前例を見ない出来事だ」と続けた。

  英国が国民投票でEU離脱を選んだ影響でポンドは30年ぶり安値に下げた。英国の政界に広がる混乱や英EU離脱後の欧州見通しを背景に投資家はポンドとユーロを売り、ドルと円に買いを入れている。

  ニューヨーク時間午後5時現在、ブルームバーグ・ドル・スポット指数は0.9%上昇。ドルは対ユーロで0.8%上昇して1ユーロ=1.1025ドル、対円では0.2%安の1ドル=102円となっている。

  ジョゼフ・カパーソ氏らコモンウェルス銀の通貨ストラテジストはリポートで「英国民投票に伴う不透明感がある中で、安全逃避通貨としての役割がドルの支援材料になるだろう」と述べ、「市場参加者は投票結果を消化しており、今週前半は通貨のボラティリティが高水準で推移するとみている」と続けた。
  

原題:Dollar Posts Biggest Two-Day Gain Since 2011 on Brexit Fallout(抜粋)

(相場を更新し、第5段落以降を追加します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE