NY金:続伸、逃避の買いが続く-英EU離脱決定の余波で

27日のニューヨーク金先物相場は続伸。英国の欧州連合(EU)離脱が決まったことの影響で、逃避の金買いが強まった。24日は7年ぶりの大幅高となっていた。

  ヘレウス・メタルズ・ニューヨークのセールス・マーケティング・マネジャー、ミゲル・ペレスサンタラ氏は電話インタビューで、「英国のEU離脱に伴い、ユーロ圏全体で政治的問題が拡大する恐れがあるため、私は金に強気だ」と説明。「金でのヘッジが引き続き望まれるだろう。英国のEU離脱はあり得ないと考えられていたが、実際に起きてしまった」と述べた。

  ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は前週末比0.2%高の1オンス=1324.70ドルで終了。2日間の上げとしては2011年8月以来の最大となった。

  • 銀先物9月限は0.3%安の17.786ドル
  • ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のプラチナは下落、パラジウムは上昇

原題:Gold Extends Biggest Rally in Seven Years as Brexit Hits Markets(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE