スペイン総選挙:ラホイ首相、1カ月以内の組閣目指す-与党が議席増

スペインのラホイ暫定首相は27日、1カ月以内の政権樹立を目指す方針を示した。26日投開票のスペイン総選挙で同首相率いる与党・国民党は前回選挙を上回る議席を獲得し、同首相は立場を強めた。

  定数350議席の下院で国民党は137議席を獲得。昨年12月の前回選挙時の123議席から議席を伸ばした。最大野党の社会労働党は昨年12月の90議席から85議席に減少。反エスタブリッシュメントを掲げる新興政党のポデモスは71議席と横ばいだった。連立パートナーとして最有力視されている中道右派のシウダダノスは8議席減らし32議席となった。

  ラホイ首相はこの日、過半数確保に向け他政党との連立協議を始めると語った。ラジオ局コペとのインタビューで「1カ月以内に基本合意に至るだろう」とし、複数の政党と協議する構えがあると付け加えた。選挙結果を受けてスペイン国債は上昇し、10年物利回りは8カ月ぶりの大幅低下となった。

  欧州連合(EU)離脱を支持した英国民投票の影響で金融市場が混乱する中、スペインの政治家らは新たな政治駆け引きに取り組む。英ポンドは下げ幅を広げて31年ぶり安値に接近、欧州株は2月以来の低水準に沈んだ。スペイン株の指標であるIBEX35指数は一時2.8%高となったものの、その後下げに転じた。

  アスナール元首相の側近だったカルロス・アラゴネス氏は、26日夜のインタビューで「英国のEU離脱選択で、各政党は連立内閣発足で合意するよう大きな圧力を受けている」と語った。

原題:Rajoy Promises Spain He’ll Deliver a Government Within One Month(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE