英国株は続落、EU離脱選択の影響が影を落とす-銀行株が大幅安

27日午前の英国株式相場は下落し、指標のFTSE100指数は続落となっている。英国が23日の欧州連合(EU)残留・離脱を問う国民投票で離脱を選択し、これが引き続き経済と政治をめぐる先行きに影を落としている。

  FTSE100指数は前週末の3.2%安に続き、ロンドン時間午前8時20分(日本時間午後4時20分)現在で0.4%安。バークレイズとロイヤル・バンク・オブ・スコットランド・グループ(RBS)は5%を超える下げに見舞われている。

  オズボーン財務相はこの日、当局は国内経済を支える緊急計画を策定済みだと述べ、EU離脱選択を受けた混乱の中で金融市場の不安払拭(ふっしょく)を図っている。

原題:U.K. Stocks Fall for 2nd Day as Brexit Spurs Political Turmoil(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE