コンテンツにスキップする

ロンドン外為:欧州通貨が下落、英国のEU離脱選択でユーロに先安観

ロンドン時間27日午前の外国為替市場では、ポンドと共にノルウェー・クローネが欧州通貨の下げを主導。世界を驚かせた英国の欧州連合(EU)離脱決断の衝撃波が続きユーロも安い。

  ロンドン時間午前6時51分現在、ポンドは2%安の1ポンド=1.3404ドル。クローネは2.7%安の1ドル=8.5652クローネ。ユーロは0.8%安の1ユーロ=1.1028ドル。フランクリン・テンプルトンでグローバル・ボンド・ファンドを運用するマイケル・ハッセンスタブ氏は、投資家がユーロ圏への投資について自問し始めるのに伴いユーロはさらに下落するだろうとリポートで指摘した。

  円はドルに対し0.5%高の1ドル=101円70銭。

原題:Pound, Krone Lead European Currencies Lower Amid Brexit Turmoil抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE