コンテンツにスキップする

中国:人民元の中心レート、昨年8月以来の大幅引き下げ-ドル上昇後

更新日時

中国人民銀行(中央銀行)は27日、ドル上昇を受けて人民元の中心レートを昨年8月の実質切り下げ後以来の大きな幅で引き下げた。

  この日の中心レートは0.9%元安方向の1ドル=6.6375元に設定された。英国が国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択し世界の金融市場が混乱する中、ドル指数はこの2日間で2.1%高と、2011年以来の大幅上昇となった。

  上海市場で取引される人民元は現地時間午後4時38分(日本時間同5時38分)現在、前週末比0.2%安の6.6407元。終値ベースでこの値を付ければ10年12月以来の安値となる。香港オフショア市場で取引される人民元は0.47%下落。3営業日の下落率は1.3%と、中心レートの大幅引き下げで市場が混乱した1月以来の大きな下げとなった。

原題:China Weakens Yuan Fixing by Most Since August as Dollar Surges(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE