フィアット、ゴールドマンのコンビクション銘柄から除外-英の離脱で

フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)はゴールドマン・サックス・グループの「コンビクション」バイのリストから外れた。英国の欧州連合(EU)離脱に伴う欧州経済の不確実性が理由。

  ゴールドマンのアナリストらは英のEU離脱で欧州経済の成長は伸び悩み、向こう数年間の乗用車およびトラック販売の重しになる可能性があると分析している。

  FCAは24日、EU離脱が同社自体や英国で税法上の居住者となっている事実に甚大な影響を与えることはないと説明した。統治の変更も計画していない。

  ゴールドマンはFCAをコンビクションのリストからは除外したが、「バイ」の投資判断は据え置いた。

原題:Fiat Chrysler Pulled From Goldman ‘Conviction List’ After Brexit(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE