モルガンS、ロンドンから行員2000人移し始めたとの報道を否定

モルガン・スタンレーは24日、英国の欧州連合(EU)離脱決定を受けてロンドンの投資銀行部門の2000人の職をダブリンかフランクフルトに移す作業を開始したとのBBC放送の報道を否定した。

  広報担当のウェスリー・マクデード氏は発表文で、国民投票結果は「大きな影響を及ぼすだろうが、その度合いが分かるのにはしばらく時間がかかるだろう」とし、ロンドンからの行員の異動を開始してはいないと報道を否定。「実際の離脱は少なくも2年後だ。新たな環境に合わせて事業を調整するため必要な変更を実施する時間はある」と説明した。

  また、ジェームズ・ゴーマン最高経営責任者(CEO)とコルム・ケレハー社長は行員宛ての文書で、英国民投票に備えていたため、流動性と十分な人員配置によって顧客にサービスを提供できたと評価した。ブルームバーグ・ニュースが文書を入手した。
 

原題:Morgan Stanley Denies Report It Started Moving London Staff (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE