アローラ氏、ソフトバンク子会社の米スプリントの取締役を辞任

ニケシュ・アローラ氏が米携帯電話サービス会社、スプリントの取締役を辞任することになった。規制当局への届け出によると、アローラ氏は22日にスプリントに対し、直ちに辞任する意向を通知した。同氏は今週、スプリントの親会社であるソフトバンクの副社長を退任している。

  届け出によると、同氏は2014年11月にスプリントの取締役に就任した。

原題:SoftBank’s Nikesh Arora Leaving Sprint’s Board Immediately(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE