安倍首相:金融市場安定にG7との協力指示-英EU離脱で閣僚会議

  • 伊勢志摩サミットでのリスク共有踏まえ国際協調で対応-首相
  • 麻生財務相は「必要なときにはしっかり対応していく」と発言

政府は、英国の国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決まったことを受けて、関係閣僚会議を24日夕開催した。安倍晋三首相は席上、為替市場を含む金融市場の安定化に万全期すと表明し、麻生太郎財務相に対し日本銀行とも協力してG7諸国と緊密に協議の上、経済・金融面で必要な対応を取るよう指示した。

  首相は、5月の伊勢志摩サミットで英国の離脱が世界経済の成長へのリスクの一つという認識を各国で共有したことを指摘。「世界経済や金融、為替市場に与えるリスクについて懸念しており、金融市場の安定化に万全を期す必要がある」と語った。その上で、金融市場に加え、英国で事業展開する日本企業や実体経済への影響にもしっかり対応していく必要があると述べ、国際協調の重要性を強調した。

  麻生財務相は会議後記者団に対し、会議では為替市場の急激な変動は望ましくなく、「必要なときにはしっかり対応していく」と発言したことを明らかにした。急速に円高が進んだ為替市場への介入については「今の段階でコメントすることはない」と語った。

  会議には日銀の中曽宏副総裁も出席した。終了後、記者団が臨時の金融政策決定会合の開催について質問したがコメントはしなかった。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE