ロンドンのオフィス物件、3年以内に20%値下がりも-英EU離脱で

英国が23日の国民投票で欧州連合(EU)離脱を選択したことで、ロンドンのオフィス不動産の価値が離脱後3年以内に最大20%下落する可能性がある。ロンドンを本拠とする調査会社グリーン・ストリート・アドバイザーズが予想した。

  同社のアナリスト、ヘマント・コタク氏は「新規の賃貸契約が劇的に鈍るだろう」と述べるとともに、英国全土で小売業向け不動産の価値も10-15%下がる可能性があるとの見方を示した。

原題:London Office Values May Drop 20% on Brexit, Green Street Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE