香港株:4カ月ぶり大幅安、HSBCが安い-英国がEU離脱へ

更新日時
  • 英銀のHSBCとスタンダードチャータードを中心に売られた
  • 中国本土市場では上海総合指数が1.3%安

24日の香港株式相場は4カ月ぶりの大幅下落。英銀のHSBCホールディングスやスタンダードチャータードを中心に売られた。英国の欧州連合(EU)離脱が国民投票で決まったことで、世界的に市場の混乱が広がった。

  ハンセン指数は前日比2.9%安の20259.13と、2月11日以来の大幅な下げで終了。売買が大きく膨らんだ。一時は5.8%下落していた。前日まで5営業日続伸で、この間に4.1%上げていた。収入の3分の1を欧州で稼ぎ、ハンセン指数のウエートが2番目に大きいHSBC(5 HK)は6.6%安。スタンダードチャータード(2888 HK)は9.5%安と、約4年ぶりの大きな下げとなった。

  香港上場の本土企業から成るハンセン中国企業株(H株)指数も2.9%安で終了。中国本土市場では、上海総合指数が1.3%安で引けた。

  華融国際のアソシエートディレクター、ジャクソン・ウォン氏(香港在勤)は「若干パニックが起きた」と指摘。「英国のEU残留はほぼ確実な情勢だったし、今朝の時点でも残留派が一時小幅リードしていた。しかしそれ以降はずっと下り坂だった」と述べた。

原題:Hong Kong Stocks Tumble Most in Four Months as HSBC Leads Losses(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE