ユーチューブ、カスタマーサービスを拡充-人での対応増やす

  • 利用者サポートの重要性増す、動画投稿サイトの競争激化で
  • 数千万人のクリエーターに1対1のサポートを提供

米グーグル傘下の動画投稿サイト「ユーチューブ」はネット投稿で生計を立てている人が大勢いいることや競合サイトが有能な人材探しを行っていることを踏まえ、カスターマーサービスについて機械による自動対応を減らし人による対応を増やす方向に刷新する。

  カリフォルニア州アナハイムで23日開いたビデオ会合でスーザン・ウォジッキ最高経営責任者(CEO)はクリエーターが制作設備の確保に加え、動画投稿での収入拡大方法を学ぶために利用できるサービスを導入する考えを示した。同サイトはまた、数千万人のクリエーターに1対1のサポートを提供し、質問に対し電子メールでの24時間以内の回答を約束する。

  フェイスブックやスナップチャット、ツイッターなどのソーシャルメディアはユーチューブの事業領域に侵入し始めており、これら企業向けに動画を作成する人に支払いをしている。ユーザー制作動画サイトの先駆けであるユーチューブは、最高のサービスとサポートを提供することでトップの座を維持できるとみている。

原題:YouTube Bolsters Customer Service by Adding a More Human Touch(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE