コンテンツにスキップする

米国株(24日):急落、ダウ平均は610ドル安-英国のEU離脱で

更新日時

24日の米株式相場は10カ月ぶりの大幅安。英国が欧州連合(EU)からの離脱を決定したため、世界的に成長が抑制されるとの見方からリスク資産が売り浴びせられた。

  米国株は午後に下げ足を速め、ダウ工業株30種平均の下げ幅は600ドルを超えた。S&P500種株価指数は過去2カ月の下落局面で支持線となっていた2050を割り込むと、下げ幅を拡大した。銀行株と工業株は1営業日としては約4年ぶりの大幅安。

  ポイント72アセット・マネジメントのチーフエコノミスト、ディーン・マキ氏は「市場参加者が懸念するのも無理はない。これはまさにリスク回避の出来事だ。この結果、成長が弱くなる可能性が高く、市場がそれに反応しているのは当然だ。輸出は弱くなる可能性が高く、企業業績は輸出の関数の一つだ。米輸出企業は再びドル高への対応を迫られるだろう」と述べた。

Trading On The Floor Of The NYSE As U.S. Stocks Tumble Amid Global Selloff After U.K. Brexit Vote

ニューヨーク証取のトレーダー

Photographer: Michael Nagle/Bloomberg

  S&P500種株価指数は前日比3.6%安い2037.41ポイントで終了。昨年8月24日以来の大幅安となった。週間では1.6%下げ、年初来の上昇分を失った。ダウ工業株30種平均は610.32ドル(3.4%)下落し17400.75で終えた。ナスダック総合指数は4.1%下落し、ほぼ5年ぶりの大幅安。

  ブックメーカーのオッズが離脱は25%未満と示唆していたことから、過去1週間にリスク資産に投資していた多くの投資家は離脱派の勝利に驚かされた。S&P500種は今週、投票結果が発表されるまでに2%上昇していた。ポンドは30年ぶりの大幅安となり、欧州株も下げた。

S&P 500 Repelled from 2,100 Level Again

  世界の中央銀行は金融市場の流動性維持のため必要な措置を取る決意を示した。イングランド銀行のカーニー総裁は数千億ポンドを金融システムに注入する用意があると表明。欧州中央銀行(ECB)は銀行が必要とする資金を全額供給することを打ち出した。米連邦準備制度理事会(FRB)は世界の金融市場の動向を「注意深く監視している」と表明した。

  この日はFTSEラッセルによる指数の年次リバランス(構成銘柄の変更)もあった。2015年はこの影響で出来高が100億株余りに膨らみ、同年の出来高で7位となった。

  銀行株は急落。シティグループは9.4%下落し、4年ぶりの大幅安。JPモルガン・チェースやゴールドマン・サックスも少なくとも2012年以来の大幅な下げとなった。ダウ平均の構成ではキャタピラーとボーイングの下げが目立った。

  ソラリス・アセット・マネジメントのティモシー・グリスキー最高投資責任者(CIO)は「英国に投資していない多くの米企業にとっては恐らく基本的に影響ないだろう。ただ、利上げ見送りの期間が実際には分からないにしても、やや長引くとみられることから、金融のようなセクターには影響する」と話した。

  S&P500種の10セクターのうち、9セクターが下げた。前日に4月以来の大幅高となっていた金融は4年ぶりの大幅な下げ。工業株や情報技術、素材は2011年以来の大幅安。公益事業はほぼ変わらず。
  

原題:U.S. Stocks Tumble the Most in 10 Months After U.K. Brexit Vote(抜粋)

(第5段落以降を追加し、更新します.)
    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE