英国のEU残留に向けドイツが譲歩-66年W杯のゴールでさえ認める

1966年のサッカーワールドカップ(W杯)決勝では、イングランドがドイツを破り唯一の優勝を決めた。だが決勝点となったゴールをめぐり、両国は入った入らなかったとの論議を50年にわたり続けてきた。23日の欧州連合(EU)残留・離脱を問う英国の国民投票で残留を決めたら、ゴールが有効だったことを認めるとの譲歩案をドイツ最大の新聞ビルトが提示した。

  「親愛なる英国の皆さん、EU残留を決めたら、ウェンブリーでのあのゴールすら認めよう」と、ビルト紙は23日付の1面で表明。ウェンブリーとは66年W杯決勝が行われたスタジアムの名前で、疑惑のゴールはジェフ・ハーストが延長戦に放ったものだ。
  
  これを含め、ビルトは英国にEU残留を促すために11の譲歩案を提示。ほかにはチャールズ皇太子の耳を物笑いの種にしない、ジェームズ・ボンドが活躍する英スパイ映画「007」シリーズの悪役を無制限で提供することなども約束した。

  こうした冗談を交えながら残留を促すキャンペーンは、ドイツ国内のムードを醸し出すものだ。独誌シュピーゲルは今月の特別号で英国旗と共に「行かないで」とドイツ語と英語で誌面で呼び掛けた。

  ドイツとイングランドは現在開催中のサッカー欧州選手権でともに決勝トーナメントに駒を進めており、順調に行けば準決勝で対戦する。この試合がペナルティーキック(PK)戦までもつれることになれば、イングランドはビルト紙のもう一つの譲歩案を持ち出すことが可能だ。同紙は「より面白くするために、ドイツはPK戦でゴールキーパーを引き上げる」と公約している。

原題:Germany to Brits: ’66 World Cup Goal Was Valid If You Stay in EU(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE