中国政府首脳、昨年8月以降の人民元レート改革に満足-当局者

  • 李首相が20日に人民銀と建設銀行を訪問
  • 李首相は人民銀にコミュニケーション改善を促した

中国の政府首脳は、昨年8月以降の人民元レートをめぐる抜本的改革が今は順調に推移していることに満足している。事情に詳しい当局者が明らかにした。

  李克強首相は20日、中国人民銀行(中央銀行)を訪れ、人民銀の当局者に対し元相場の設定は引き続き安定かつ透明であるべきだと述べた。李首相との会合に参加した当局者が話した。

  公で話すには正式な認可が必要だとして匿名を条件に当局者が語ったところによれば、李首相は記者会見を増やしたり、インタビュー要請を受け入れたりすることで、市場とのコミュニケーションを改善させるよう人民銀に促した。昨年8月の人民元相場改革は正確かつ時宜を得たコミュニケーションがなかったため、世界の投資家に誤解されたと李首相は話したという。

  この当局者と別の関係者によると、李首相は同日、中国建設銀行も視察。中国の中・西部での鉄道建設といった主要なインフラ事業向けの融資を増やすよう提言した。国務院の情報室にコメントを求めファクスを送付したが、今のところ返答はない。

原題:China Is Said to Be Satisfied With Yuan Exchange-Rate Reform(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE