ポンド上昇:1.49ドル突破、対円は157円台-市場は国民投票結果待ち

23日の外国為替市場でポンドは対ドルで1.49ドルを突破。昨年12月以来の高値を付けた。対円も大幅高。欧州連合(EU)残留・離脱が懸かる国民投票が始まり市場は結果を待つばかりとなった。

  投票はロンドン時間午前7時に始まった。同11時59分現在、ポンドは対ドルで1.2%高の1ポンド=1.4889ドル。一時は昨年12月28日以来の高値となる1.4947ドルまで上昇した。対円は2.4%高の157円28銭。対ユーロは0.4%高の1ユーロ=76.55ペンス。ユーロは対ドルで0.9%高の1ユーロ=1.1397ドル。

  投票は午後10時に締め切られる。

原題:Pound Reaches 2016 Peak as Traders Await U.K. Referendum Result(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE