米バーガーキング:「チートス」コラボの新メニューを発売へ

  • 「マッケンチーズ」はペプシコ傘下フリトレーとの提携で誕生
  • 価格は2.49ドル、既に一部の店舗で試験的に提供されている

投資会社3Gキャピタルや資産家ウォーレン・バフェット氏が出資する米外食チェーンのバーガーキングは、マカロニ・アンド・チーズにスナック菓子「チートス」風味の衣を付けて油で揚げた「マッケンチーズ」の販売を開始する。有名スナックブランドとコラボするトレンドがファストフード業界で広がっている。

  この新商品はバーガーキングと米ペプシコ傘下のフリトレーとの提携で誕生した。フリトレーはチートスのほか、「ドリトス」「ラッフルズ」などのスナック菓子を手掛けている。ドリトスのシェルを使った「ドリトス・ロコス・タコス」を2012年に発売した米ヤム・ブランズ傘下タコベルの戦略に追随する動きとなった。

  レストラン・ブランズ・インターナショナル傘下のバーガーキングによると、マッケンチーズは約8週間ないし品切れとなるまで販売される予定。価格は2.49ドル(約260円)で、既に一部の店舗で試験的に提供されている。

  同社北米部門のアレックス・マセド社長はインタビューで、「国民に人気のブランドの1つとの提携を進めている。非常にユニークだ」と語った。

原題:Burger King Jumps Into Snack-Brand Hybrids With Mac ’n Cheetos(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE